利尿剤と言えばラシックス!むくんだ顔もあっという間にスッキリ

ラシックスとアルダクトンの違い

利尿剤とは体内の余分な水分を尿の形式で大量排出させることです。常に浮腫み、腹水、心不全などの病気を治します。利尿剤の中に有名な薬はラシックスというものです。
アベンティスフアーマ社が研究してきた浮腫み取りの専門医薬品です。文字通り体の余った水分を尿として排泄するために作られたものです。
腎臓の尿細管は体に必要な物質を回収して再使用作業を行います。その必要な物質の中にナトリウムというものがあります。ナトリウムが体の水分と一緒に行動する現象があると科学専門士に研究されました。
また、腎臓の機能が悪くなったら、ナトリウムという物質を大量に再吸収します。それと共に、水分も一緒に再吸収されてしまいます。
すると、腎臓の水分がたくさん蓄えて浮腫みになったりします。ラシックスがこのナトリウムの再吸収を阻害する機能を持っています。ナトリウムの再吸収を阻害する同時に水分の大量吸収も阻止できます。
そうしたら、再吸収できない水分が尿に変成して尿として排出されます。ですから、いろいろな病気で生じるむくみの改善に用います。
この薬はむくみを治療する効能があるだけではなくて、重い慢性的心不全にもすごく機能を持ってます。
心臓は血液を動脈を通して全身に送って、また、静脈を通して心臓に戻らせるという血液循環を負担します。
体の水分が余ったら、静脈を通して流れる血液が多くなります。そうしますと、血液の流れが滞る可能性が高いので、全身の浮腫み現象も出てきます。また、量が多いので、戻った血液が心臓の負担を増加させてしまって心不全になるわけです。
原理としては余った水分が尿として腎臓から排出されると、静脈に基づいて心臓に戻る水分(血液)などの量が減少します。
ラシックスは心不全を治療する効能が良くないです。アルダクトンという医薬品は心不全を治療する機能が優れると思います。特に心性むくみに効果があります。
アルダクトンの主成分はスピロノラクトンというものです、高血圧を下げて、血液量を減らせることがわかります。そして高血圧で引き起こした動脈硬化や心筋梗塞を疎通して心臓の負担を減らせます。
アルダクトンはもちろん利尿剤の機能を持ちますので、作用機序とも同じです。
利尿薬を通して、全身の浮腫みや心不全を治しましょう。